スポンサーリンク

TON(Toncoin)の価格予想と将来性|特徴から読み解く2024年の展望

暗号資産
スポンサーリンク
にゃん
にゃん

TON(Toncoin)って、最近よく耳にするけど、具体的にどんな仮想通貨なのにゃ?

あまね
あまね

TON(Toncoin)は、メッセージングアプリ「Telegram」が開発を始めたブロックチェーンプラットフォームなんだ。現在は「The Open Network」として、非営利団体のTON Foundationが開発・運営しているよ。

にゃん
にゃん

Telegramが始めたプロジェクトなんだね!具体的にはどんな特徴があるのにゃ?

あまね
あまね

一つ目は超高速なトランザクション処理。シャーディング技術で同時にたくさんの取引を処理できるんだ。Telegramユーザーが直接TONを使えるようになったんだ。これで利用が広がるね。以下でも解説していくね。

TON(Toncoin)の価格予想と将来性|特徴から読み解く2024年の展望

Toncoin (TON)基本情報
Toncoin (TON)展望
Toncoin (TON)今後の価格は?

結論:Toncoin (TON)は仮想通貨の未来を担う革新的なプロジェクト

Toncoin (TON) は、次世代のブロックチェーン技術を基にした仮想通貨で、Telegramが開発した革新的なプロジェクトです。高速取引、低コスト、優れたセキュリティを兼ね備え、ユーザーにとって非常に魅力的な特徴を持っています。

note ――つくる、つながる、とどける。

当サイトは、アフィリエイト商品を紹介しています(PR)

Toncoin (TON)の基本情報

Coin Market Cap【引用元】

  • 発行元: Telegram
  • 通貨記号: TON
  • 価格:1,216.22円
  • 時価総額ランキング:8位
  • 総供給量: 5,000,000,000 TON
  • 発行上限:なし
  • 利用用途: 決済、トークンエコノミーの構築、DAppsの運用
  • 公式HP:公式サイト

(2024/06/23時点)

Toncoinは、Telegram Open Network(TON)プロジェクトの一部として開発されました。このプロジェクトは、ブロックチェーン技術の可能性を最大限に引き出し、ユーザーに便利で安全なデジタル決済手段を提供することを目的としています。

\大人気損益計算ツール/

  • サポート範囲が広い
  • 正確な時価参照をベースとした計算
  • 大規模または高頻度の取引でも計算可能
  • 初心者でも簡単に使える
  • API連携によるデータ自動取得
  • DeFi取引などを自動識別
スポンサーリンク
仮想通貨の確定申告、もっと簡単に。【Cryptact】

Toncoin (TON)の魅力と特徴

Toncoinの魅力と特徴

高速取引

  • Toncoinの最大の特徴の一つは、非常に高速な取引速度です。
  • 独自の”Dynamic Sharding”技術により、ネットワークの負荷を効率的に分散し、大規模な取引でも迅速に処理することが可能。
  • 特に、ビジネス取引や急な資金移動が必要な場面で、そのメリットが際立ちます。

低コスト

  • Toncoinは取引手数料が非常に低く設定されています。
  • 従来のブロックチェーンとは異なる設計によるもの。
  • 小規模な取引を頻繁に行うユーザーにとって大きなメリット。
  • 特に新興市場での普及に大きな影響を与えると考えられます。

優れたセキュリティ

  • ToncoinはTelegramの高度なセキュリティ技術を受け継いでいます。
  • 暗号化技術や複数のセキュリティ層を採用し、取引データの安全性を確保。
  • 分散型のアーキテクチャにより、シングルポイント障害のリスクを低減。
  • 特に、セキュリティを重視するビジネスや機関投資家にとっては、大きな魅力となります。

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

Toncoin (TON)の個性と他の仮想通貨との違い

Toncoinの個性と他の仮想通貨との違い

Telegramとの連携

  • Telegramユーザー同士のトークン送受信が簡単に行える。
  • Telegram内のチャットボットを利用して、簡単にToncoinを送金したり受け取ったりできる。
  • 日常的な支払いがシームレスに行える。

DAppsのエコシステム

  • Toncoinは、分散型アプリケーション(DApps)の運用に非常に適している。
  • 多くの開発者がこのプラットフォームを選ぶ理由は、その高いパフォーマンスと柔軟性。
  • DeFi(分散型金融)アプリケーションやゲーム、ソーシャルメディアプラットフォームなど、多岐にわたるDAppsがToncoinのネットワーク上で展開。

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

Toncoin (TON)今後の展望

Toncoin (TON)今後の展望

市場拡大

  • 特にアジア市場や欧米市場への進出を目指している。
  • 新しいパートナーシップの構築も進められており、エコシステム全体の成長が見込まれている。
  • 新興市場では、モバイル決済の普及が進んでおり、Toncoinのような高速で低コストの仮想通貨が広く受け入れられる可能性がある。

技術的進化

  • 新しい取引技術の導入や既存の機能の改良が予定されている。
  • 取引速度やセキュリティの向上が見込まれている。
  • 新しいDAppsの導入も予定されており、ユーザーにとって魅力的なコンテンツが増加。

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

TON(Toncoin)の将来性

分散型アプリケーション(dApps)開発に適応

  • TONは分散型取引所や分散型金融など、多様なdAppsの開発に適したプラットフォームです。
  • 誰もがサービスを提供できる機能を提供し、ユーザーインターフェースや認証、決済などのサービスを提供します。
  • ブロックチェーン上でドメイン名を管理したり、即時決済サービスの利用も可能です。

USDTとXAUTの連携

  • 価格動向でも紹介したように、TONのブロックチェーンはステーブルコインUSDTの流通を開始しました。
  • 金に連動するトークン「XAUT」もTONネットワークで稼働する予定です。

AI企業との提携

  • 2024年4月にAI新興企業HumanCodeと提携し、手のひらスキャンによる個人認証プロジェクトに取り組んでいます。
  • このプロジェクトは5年以内に5億人のTelegramユーザーにデジタル・アイデンティティを提供することを目指しています。

Telegramとの連携強化

  • Telegramの巨大なユーザーベースを活用し、TONの普及を促進します。
  • 1,100万TONのインセンティブプログラムを開始し、Telegramのユーザーに還元します。

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

Toncoin (TON)今後の価格は?

あまね
あまね

あまねの勝手に価格予測コーナー

・週足からみていきましょう。RSIとストキャスともにここからは買いが難しいです。

・パーフェクトオーダーで週足レベルで強い状況です。

・平行チャンネルと水平線はこのようにひいてみました。

あまね
あまね

・月足を次はみていきます。

・平行チャンネル上限の黒丸が一旦利確ポイントとみています。

・RSI:83まだ上昇余地もあります。もちろんこれ以上に上昇の場合もあると思います。その場合は平行チャンネルを上に追加して、ビットコインなども見ながら利確を決めましょう。

・一番下のチャートはビットコインです。現在のTONと似ている形をしています。仮に早めにチャンネル上限に来た場合は、調整後に更に上昇します。その場合はその時のRSIの上昇をみて二回目でその推移に来たところを利確と決めてもいいと思います。

※尚投資は、自己責任で行って下さい。

Toncoinの買い方

あまね
あまね

まずはじめに、ビットバンク(bitbank)でリップルを購入(XRP)購入後に

海外取引所へ送金をします!

bitbank仮想通貨を買う

  • 銘柄数は国内No.1
  • 信頼できるセキュリティー
  • 入金無料なのでお得
  • 指値手数料は、-0.02%(なんと手数料が貰える)
あまね
あまね

国内では銘柄は、最多になります。

・直観的に使えるアプリあり。

・お客様の声に答えてくれる。

今ならもれなく、口座へ1万円入金で、1000円貰える。キャンペーン実施中。

まだ口座開設をしたことがない方はぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

海外取引所を利用する際は、その取引所の評判やセキュリティ対策をしっかりと調査することが大切です。また、2段階認証や強固なパスワード設定を行うことも重要です。

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

ウォレットの準備

  • イーサリアム対応のウォレットを用意する。代表的なウォレットとしては、MetaMaskやTrust Walletがある。
  • これらのウォレットを利用することで、Toncoinの保管や送受信が安全に行える。
  • ウォレットの選択にあたっては、セキュリティや使い勝手を重視することが重要。

取引所の選択

  • Toncoinは、主要な仮想通貨取引所で購入することができる。
  • bybit取引所でToncoinを取引することが可能。
  • 取引所の選択にあたっては、セキュリティや手数料、使いやすさなどを考慮すると良い。
  • 取引所の評判やユーザーレビューも参考にすることが重要。

取引手順

  1. アカウント作成: 取引所の公式サイトにアクセスし、アカウントを作成する。
  2. KYC手続き: 法律に基づく本人確認(KYC)手続きを行う。これには、身分証明書の提出や住所確認が含まれる。
  3. 資金入金: アカウントに資金を入金する。銀行振込やクレジットカード、他の仮想通貨を利用することができる。
  4. Toncoinの購入: 取引所でToncoinを購入する。希望する数量と価格を入力し、注文を確定する。
  5. ウォレットへの送金: 購入したToncoinを自分のウォレットに送金し、安全に保管する。

まとめ:Toncoinの未来と投資の魅力

まとめ:Toncoinの未来と投資の魅力
にゃん
にゃん

TON(Toncoin)はもともとTelegramが開発を始めたブロックチェーンプラットフォームですにゃん。プロジェクトの名前は最初「Telegram Open Network」でしたが、現在は「The Open Network」に改名されて、TON Foundationという非営利団体が開発と運営を引き継いでいますにゃ。

あまね
あまね

TONの主な特徴は、スケーラブルなクロスチェーン相互運用性を目指している点です。これにより高速なトランザクション処理と多様な分散型アプリケーション(dApps)のサポートが可能です。また、Proof of Stake(PoS)というコンセンサスアルゴリズムを採用していて、ネットワークの負荷をマスターチェーンと複数のワークチェーンに分散させることで、高速なトランザクション処理を実現しています。

にゃん
にゃん

PoSは、ブロックチェーンのネットワークを維持するための仕組みの一つで、参加者が自分のコインを担保としてネットワークの運営に参加する方法ですにゃ。これにより、PoW(Proof of Work)と比べて、電力やコンピューティングリソースの消費が少なくて済みますにゃ。TONは、このPoSを採用することで、より環境に優しいブロックチェーンを目指していますにゃん。

あまね
あまね

TONは将来性が高いとされています。まず、Telegramとの連携が強みで、月間8億人以上のアクティブユーザーを持つTelegramがTONベースのウォレットを統合したことで、TONの利用が一気に広がる可能性があります。また、AI企業との提携や、ステーブルコインUSDTの流通開始、さらには金に連動するトークン「XAUT」の稼働予定など、エコシステムの拡大が期待されています。今後も楽しみだね。

スポンサーリンク
コインタックス

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

コメント

タイトルとURLをコピーしました