スポンサーリンク

Helium (HNT)の特徴、将来性を徹底解説!今後の価格は?

暗号資産
スポンサーリンク
にゃん
にゃん

今日はHelium (HNT)について知りたいにゃ!

あまね
あまね

ヘリウム/HNTはIoTデバイスをつなぐためのワイヤレスネットワークを構築するプロジェクトです。これによって低コストで高速なネットワークが可能になります。特徴として、HNTトークンとデータクレジットという2種類のトークンが流通していますね。

にゃん
にゃん

ホットスポットってどんなものですかにゃ?

あまね
あまね

ホットスポットは、IoTデバイスをインターネットに接続するための無線機器です。これを設置することで、ノードネットワークを介してデータの送受信ができるようになります。設置したホットスポットが他のデバイスと通信し、その貢献度に応じてHNTトークンが獲得できますよ。

にゃん
にゃん

それは面白いですね。そのHNTトークンはどうやって手に入れるんですかにゃ?

あまね
あまね

HNTトークンは、仮想通貨取引所で購入するか、ヘリウムホットスポットを設置することで獲得できます。ホットスポットを設置すると、そのネットワークに貢献することで報酬としてトークンがもらえる仕組みです。下記でも解説していくね。

Helium (HNT)の特徴、将来性を徹底解説!今後の価格は?

Helium (HNT)基本情報
Helium (HNT)展望
Helium (HNT)の今後の価格は?

note ――つくる、つながる、とどける。

当サイトは、アフィリエイト商品を紹介しています(PR)

Helium (HNT)の基本情報

Coin Market Cap【引用元】

  • 現在の価格: 約584.45円
  • 時価総額: 約94.08億
  • 時価総額ランキング: 122位
  • 循環供給量: 約160.88M HNT
  • 最大供給量: 223M HNT

(情報は2024年6月時点)

Heliumネットワークの構造と仕組み

Heliumネットワークは、IoT(Internet of Things)デバイスのための分散型無線ネットワークです。このネットワークは、ユーザーが「Hotspots」を設置することで構築されます。Hotspotsは、無線ゲートウェイとブロックチェーンマイニングデバイスの組み合わせであり、ネットワークカバレッジを提供すると同時にHNTトークンをマイニングします。

LoRaWANテクノロジーの利用

Heliumネットワークは、LoRaWAN(Long Range Wide Area Network)テクノロジーを利用しています。

  • 低電力消費: LoRaWANはバッテリー駆動のデバイスに最適で、数年間の運用が可能です。
  • 長距離通信: 都市部で数キロメートル、郊外ではさらに長距離の通信が可能です。
  • コスト効率: 低コストで広範囲のIoTネットワークを構築できるため、経済的です。
  • 高スケーラビリティ: 多数のデバイスを同時にサポートできるため、スケーラブルなソリューションを提供します。
  • セキュリティ: データは暗号化されて送信されるため、高いセキュリティが確保されます。

Heliumネットワークは、このLoRaWANテクノロジーを利用することで、低コストかつ高効率なIoTデバイスの接続を実現しています。これにより、ユーザーは無線カバレッジを提供しながらHNTトークンを稼ぐことができ、ネットワークの成長と拡大に貢献しています。

\大人気損益計算ツール/

  • サポート範囲が広い
  • 正確な時価参照をベースとした計算
  • 大規模または高頻度の取引でも計算可能
  • 初心者でも簡単に使える
  • API連携によるデータ自動取得
  • DeFi取引などを自動識別
スポンサーリンク
仮想通貨の確定申告、もっと簡単に。【Cryptact】

Helium (HNT)の魅力

Helium (HNT)の魅力

独自の分散型ネットワーク

  • スケーラビリティ: ユーザーが増えるほどネットワークカバレッジが広がり、サービスの質も向上します。
  • セキュリティ: 分散型アーキテクチャにより、ネットワーク全体が攻撃に対して強固な防御を持つことができます。

IoTデバイス向けの低コストで広範なカバレッジ

  • 低電力消費: IoTデバイスのバッテリー寿命を延ばし、長期間の運用が可能です。
  • 長距離通信: 広範囲にわたるカバレッジを実現し、都市部や農村部でも利用可能です。
  • 経済的効率: 低コストでネットワークを運用できるため、企業や個人にとって経済的なメリットがあります。

ユーザーがネットワーク参加で報酬を得る仕組み

  • ホットスポットの設置: ユーザーが無線ゲートウェイを設置し、ネットワークカバレッジを提供します。
  • 報酬の獲得: ネットワークカバレッジを提供することで、HNTトークンをマイニングし、報酬として受け取ります。
  • データ転送の報酬: IoTデバイスからのデータ転送に対しても報酬が支払われます。

エコシステムの成長

  • パートナーシップの拡大: Telefónicaなどの大手企業との提携により、ネットワークカバレッジと信頼性が向上しています。
  • 新しいプロジェクトの導入: 5Gネットワークやスマートコントラクトの導入により、より多くのユースケースが可能になりました。
  • グローバルな展開: 世界中の新しい市場や地域に進出し、ネットワークカバレッジを拡大しています。

実際の導入事例と成功例

  • NanoThingsとの協力: NanoThingsは、Heliumネットワークを利用して、リアルタイムの追跡と温度監視を行っています。これにより、輸送中や静止中の物品のデータをリアルタイムで取得できます。
  • 地域カバレッジの成功例: ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンなどの都市での完全なカバレッジを達成しています。
  • その他のユースケース: 物理的な資産追跡、空気質の監視、水道メーターの監視、森林火災の検出、歩行者のトラフィックモニタリングなど、多岐にわたる用途でHeliumネットワークが活用されています。

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

Helium (HNT)の特徴

Helium (HNT)の特徴

セキュリティとプライバシー

高度な暗号化技術を使用したデータ保護

  • データの暗号化: 送信されるすべてのデータは暗号化され、第三者がデータを傍受したとしても内容を読み取ることはできません。
  • セキュアな通信プロトコル: Heliumネットワークは、データの送信と受信をセキュアに行うための最新の通信プロトコルを採用しています。これにより、データの改ざんや盗聴を防止します。

ユーザーのプライバシーを重視した設計

  • 分散型アーキテクチャ: データは中央サーバーに集中せず、分散型ネットワーク上で処理されるため、プライバシーが保護されます。
  • 匿名性の確保: ユーザー情報が第三者に漏れることなく、安全にネットワークを利用できるよう設計されています。これにより、ユーザーのプライバシーがしっかりと守られます。

スケーラビリティと効率性

ネットワークの拡張性と効率的な運用

  • 無線ホットスポット: ネットワークの拡張は、ユーザーが無線ホットスポットを設置することで行われ、迅速かつ効率的にカバレッジを広げることができます。
  • Proof-of-Coverage(PoC)アルゴリズム: Heliumの独自のコンセンサスアルゴリズムであるPoCは、ネットワークカバレッジを確保するために設計されており、高い信頼性と効率性を実現します。

IoTデバイス間の低遅延通信

  • リアルタイムデータ通信: IoTデバイス間でのデータ通信が迅速に行われるため、リアルタイムでのデータ処理が可能です。
  • 効率的なデータ転送: LoRaWANテクノロジーを活用することで、低遅延かつ低電力でデータを転送できるため、IoTデバイスのパフォーマンスが向上します。

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

Helium (HNT)の今後の展望

技術的なアップデートと新機能

HeliumネットワークのSolanaブロックチェーンへの移行

  • スマートコントラクトプラットフォーム: Heliumネットワークにスマートコントラクト機能が追加され、プログラム可能な機能やツールの可能性が広がりました。
  • 動的マーケットの導入: 地域ごとのデータ転送価格を動的に設定することで、効率的な報酬配分が可能になります。
  • 低コスト: Solanaブロックチェーン上では、取引手数料が非常に低くなります。
  • DeFiアクセス: SolanaのDeFiエコシステムにアクセスできるようになり、HNT、IOT、MOBILEトークンの流動性提供が可能になります。
  • ネットワーク効率: オラクルを利用することでデータ処理速度が向上し、チェーンのアップタイムに依存しない安定性が実現します。

これらがネットワークとユーザーに与える影響

  • 高いスケーラビリティ: より多くのデバイスとユーザーをサポートできるようになります。
  • コスト削減: ユーザーは低い取引手数料でデータを転送でき、経済的なメリットを享受できます。
  • 新しい市場への参入: 動的マーケットの導入により、地域ごとの需要に応じた効率的なネットワーク運用が可能になります。
  • スマートコントラクトの利用: 新しいアプリケーションやサービスの開発が促進され、エコシステムが拡大します。

市場拡大とグローバルな展開

新しい地域や市場への進出計画
Heliumは、世界中でネットワークカバレッジを拡大し続けています。現在、77,000以上の町や都市、192カ国でネットワークが利用可能です。また、5Gネットワークの成長も急速に進んでおり、1年以内に8,000以上の5Gラジオが展開されました。

グローバルなパートナーシップと連携
Heliumは、主要なパートナーシップを通じて市場拡大を図っています。最近の例としては、Telefónicaとの協力により、メキシコでモバイルホットスポットを展開する計画が進行中です。このようなパートナーシップは、ネットワークの信頼性とカバレッジを向上させ、さらなるユーザー基盤の拡大に寄与します。

これらの戦略と技術的アップデートにより、HeliumはIoTデバイスのための信頼性の高い、スケーラブルな無線ネットワークを提供し続けることが期待されています。

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

Helium (HNT)の今後の価格は?

あまね
あまね

あまねの勝手に価格予測コーナー

・週足からみていきましょう。RSI:42

・平行チャンネルと水平線はこのようにひいてみました。

・まだ上昇するようにはみえないため、下の黒丸反発ポイントまではみておいてもいいでしょう。

あまね
あまね

・次は、月足をみていきます。

・平行チャンネルを上に追加し仮に最高値更新後は。上の黒丸のチャンネル上限をみています。

・現在のRSI:46と42は底。ここまでくる場合は反発ポイントではあります。

・もちろんビットコインとデータを見ながら利確かわります。

※尚投資は、自己責任で行って下さい。

Helium (HNT)の購入方法

あまね
あまね

まずはじめに、ビットバンク(bitbank)でリップルを購入(XRP)購入後に

海外取引所へ送金をします!

bitbank仮想通貨を買う

  • 銘柄数は国内No.1
  • 信頼できるセキュリティー
  • 入金無料なのでお得
  • 指値手数料は、-0.02%(なんと手数料が貰える)
あまね
あまね

国内では銘柄は、最多になります。

・直観的に使えるアプリあり。

・お客様の声に答えてくれる。

今ならもれなく、口座へ1万円入金で、1000円貰える。キャンペーン実施中。

まだ口座開設をしたことがない方はぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

海外取引所を利用する際は、その取引所の評判やセキュリティ対策をしっかりと調査することが大切です。また、2段階認証や強固なパスワード設定を行うことも重要です。

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

  • バイビットで口座を開設
    • バイビットはHNTを取り扱っている人気のある仮想通貨取引所です。
    • サイトが使いやすく、日本人向けのサポートも充実しています。
  • DMMビットコインでリップル(XRP)購入
    • 国内取引所でリップル(XRP)を購入します。ビットバンク(bitbank)などが選択肢です。
  • バイビットにリップル(XRP)を送金
    • ビットバンク(bitbank)からバイビットにリップルを送金します。
  • リップル(XRP)でUSDTを購入
    • バイビットでリップル(XRP)USDTへ交換してHNTを購入できます。

↓手順はこちらです

Helium (HNT)まとめ

Helium (HNT)まとめ
にゃん
にゃん

今日はヘリウム/HNTのことをいろいろ教えてくれてありがとうにゃ、ヘリウムはIoTデバイスをつなぐワイヤレスネットワークを構築するプロジェクトで、HNTトークンは仮想通貨取引所で購入するか、ヘリウムホットスポットを設置して獲得することができるにゃ。

あまね
あまね

その通りですね。さらに、HNTトークンを購入するならバイビットがおすすめで、まず国内取引所でリップルを購入してからバイビットに送金するという手順が一般的ですよ。

にゃん
にゃん

ビットバンクでリップルを購入してからバイビットに送金するんですね。あと、ヘリウムは将来性が高くて、特にIoT分野の成長とともに価値が上がる可能性があるということも学びましたにゃ。

あまね
あまね

そうです。Web3.0や5Gの普及とともに、ヘリウムネットワークの需要も増えていくと考えられています。大手ベンチャーキャピタルからの投資も受けているので、今後の発展が楽しみですね。

スポンサーリンク
コインタックス

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

コメント

タイトルとURLをコピーしました