スポンサーリンク

Livepeer(LPT)の魅力と将来性:動画配信の未来を切り開く仮想通貨今後の価格は?

暗号資産
スポンサーリンク
にゃん
にゃん

こんにちはにゃ、Livepeer(LPT)って何ですかにゃ?

あまね
あまね

Livepeerは、動画ストリーミングの分散型プラットフォームとして他に類を見ない存在です。そのユニークな技術とアプローチにより、動画配信のコストを削減し、利用者に新たな収益源を提供しています。

にゃん
にゃん

Livepeerの特徴を教えてくださいにゃ!

あまね
あまね

トランスコーディング(動画データを別の仕様に変更する作業)を低コストで行えるの。P2Pインフラを使っているので、配信コストを大幅に削減できますよ。下記でも詳しく書いていきますね。

Livepeer(LPT)の魅力と将来性:動画配信の未来を切り開く仮想通貨今後の価格は?

Livepeer(LPT)基本情報
Livepeer(LPT)展望
Livepeer(LPT)の今後の価格は?

note ――つくる、つながる、とどける。

当サイトは、アフィリエイト商品を紹介しています(PR)

Livepeer(LPT)とは?

Coin Market Cap【引用】

  • 名称: Livepeer
  • シンボル・通貨単位: LPT
  • 価格: 約3,627.64円(2024/06/02)
  • 時価総額ランキング: 109位(2024/06/02)
  • 基盤のブロックチェーン: Ethereum
  • サイトURL: Livepeer公式サイト

基本情報

  • Livepeerは、イーサリアム上に構築された分散型動画ストリーミングネットワークです。動画のトランスコード(形式変換)を分散化することで、コスト効率を大幅に向上させます。
  • LPT(Livepeer Token)は、このネットワークのネイティブトークンであり、参加者への報酬やネットワークの運営に使用されます。

\大人気損益計算ツール/

  • サポート範囲が広い
  • 正確な時価参照をベースとした計算
  • 大規模または高頻度の取引でも計算可能
  • 初心者でも簡単に使える
  • API連携によるデータ自動取得
  • DeFi取引などを自動識別
スポンサーリンク
仮想通貨の確定申告、もっと簡単に。【Cryptact】

Livepeer(LPT)の特徴と魅力

Livepeer(LPT)の特徴と魅力

低コストで高品質な動画配信

  • コスト削減: 従来の中央集権型の動画配信サービスは、高いエンコードと配信コストがかかりますが、Livepeerは分散型ネットワークを活用することでこれらのコストを大幅に削減します。
  • 中小規模のクリエイターに優しい: コストが低いため、大手企業だけでなく、中小規模のコンテンツクリエイターや個人も高品質な動画配信サービスを利用しやすくなります。
  • アクセス可能性の向上: 低コストであるため、より多くのクリエイターが動画配信に挑戦しやすくなり、コンテンツの多様性が広がります。

分散型ネットワークの信頼性

  • システムのダウンタイム軽減: 分散型ネットワークにより、システムが一部ダウンしても全体のサービスは継続できるため、安定した動画配信が可能です。
  • 集中管理のリスク回避: 中央管理者が存在しないため、管理者による操作やシステム障害のリスクを回避できます。これにより、信頼性が向上します。
  • スケーラビリティ: ネットワークの規模が拡大しても、効率的に対応できるため、大規模なイベントや急激なトラフィックの増加にも強いです。
  • セキュリティ強化: 分散型のため、ハッキングや不正アクセスに対する耐性が強く、セキュリティが向上しています。

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

Livepeer(LPT)の将来性

市場拡大と技術の進化

  • 動画配信市場は急速に成長しており、Livepeerの技術はその成長を支える重要な要素となります。将来的には、さらに多くのコンテンツプラットフォームやサービスがLivepeerを採用することが予想されます。

新たな収益モデルの提供

  • Livepeerは、ユーザーに対してトークン報酬を提供することで、従来の広告収益に頼らない新たな収益モデルを提案しています。これにより、クリエイターの収益機会が拡大します。

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

Livepeer(LPT)今後の価格は?

あまね
あまね

あまねの勝手に価格予測コーナー

・週足からみていきます。RSI:67

・MAは全て下にあります。週足レベルで強い状況になります。

・平行チャンネルの中央ラインで部分利確又は原資抜きは平行チャンネル上限とみています。

あまね
あまね

・月足で次はみていきます。

・高値更新後は、平行チャンネルを上に追加してこの黒〇ポイントをみていきます。

・RSI:90~95を(月足)レベルで買われすぎの指標として見ておくといいでしょう。

・もちろんビットコインとデータを見ながら利確ポイントかわります。

※尚投資は、自己責任で行って下さい。

Livepeer(LPT)の購入方法

あまね
あまね

まずはじめに、ビットバンク(bitbank)でリップルを購入(XRP)購入後に

海外取引所へ送金をします!

bitbank仮想通貨を買う

  • 銘柄数は国内No.1
  • 信頼できるセキュリティー
  • 入金無料なのでお得
  • 指値手数料は、-0.02%(なんと手数料が貰える)
あまね
あまね

国内では銘柄は、最多になります。

・直観的に使えるアプリあり。

・お客様の声に答えてくれる。

今ならもれなく、口座へ1万円入金で、1000円貰える。キャンペーン実施中。

まだ口座開設をしたことがない方はぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

海外取引所を利用する際は、その取引所の評判やセキュリティ対策をしっかりと調査することが大切です。また、2段階認証や強固なパスワード設定を行うことも重要です。

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

  • バイビットで口座を開設
    • バイビットはLPTを取り扱っている人気のある仮想通貨取引所です。
    • サイトが使いやすく、日本人向けのサポートも充実しています。
  • DMMビットコインでリップル(XRP)購入
    • 国内取引所でリップル(XRP)を購入します。ビットバンク(bitbank)などが選択肢です。
  • バイビットにリップル(XRP)を送金
    • ビットバンク(bitbank)からバイビットにリップルを送金します。
  • リップル(XRP)でUSDTを購入
    • バイビットでリップル(XRP)USDTへ交換してLPTを購入できます。

↓手順はこちらです

Livepeer(LPT):まとめ

Livepeer(LPT):まとめ
にゃん
にゃん

Livepeerの特徴はいくつかありますにゃ。まず、ライブ配信のビデオストリーミングネットワークプロトコルとして、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されていますにゃ。これにより、ネットワーク上の未使用リソースを活用できるにゃん。

あまね
あまね

低コストで利用できるのも大きなポイントです。トランスコーディングという動画データの変換作業が低コストで行えます。これはP2Pインフラを利用しているからなんです。

にゃん
にゃん

ステーキングサービスも利用できますにゃ。これは仮想通貨を預けることで報酬が得られるサービスです。Livepeerでもこのステーキングが可能なんだにゃん。

あまね
あまね

将来性についてもいろいろと考えられます。まず、動画配信の需要がどんどん増えているので、手軽に配信できるLivepeerの需要もさらに高まるでしょう。また、中央サーバーがないので、配信者が自由に動画を配信できる点も魅力です。今後も期待したいね。

スポンサーリンク
コインタックス

\No.1 bitbank(PR)/
国内・安心

コメント

タイトルとURLをコピーしました